年収1,000万円では全然ぜいたくな暮らしは無理だと気づいた

こんにちは、ごんごんです。
これまで比較的真面目な記事を書いてきたような気がしますが、みんな大好きなお金の話をしたいと思います。

今回は夢を壊すようで申し訳ないですが、「年収1,000万円では贅沢な暮らしは無理だと気づいたという話」をしたいと思います。

年収1,000万円って、どんなイメージ?

1,000万というのはキリがよいため、ある種の憧れを持って語られることが多い気がします。
「年収1000万までもう少し」や、「結婚相手や彼氏(彼女)には1,000万円以上を求めたい」といったフレーズはどこかしらで聞いたことがあるでしょう。

私が20歳前後でまだ大学生だったときは、年収1,000万円といえば、「富裕層」、「贅沢な暮らしができそう」、「お金に困ることはなさそう」というイメージでした。

しかし、アラサーになり、年収1,000万に到達して、そんなにぜいたくな暮らしは送れないってことに気づきました。
年収1,000万円だと手取りがだいたい700万円超、つまり月当たりにすると60万円弱くらいです。

私は移動時間を極力減らしたいタイプなので、住居はオフィスの近くで、都心中心部(東京なら山手線の内側)に住みたいと思っています。
1Kで一人暮らしするなら都内のそこそこの場所でも15万円ほどあれば住むことができますが、仮に家庭を持つと2LDK~3LDKの間取りを山手線の内側で借りると20~30万程度の家賃が必要です。
ましてや、都内一等地のタワマンに住むならば50万円くらいが目安になり、とてもじゃないですが年収1,000万円では厳しそうです。

日系企業ではある程度将来年収も見えている

私が勤めている企業をはじめとした日系企業では、ある程度年収の天井も見えていると思います。
今後、40歳くらいで課長になっても1,200万円くらい、部長になっても年収1,500万円くらいということが現時点でわかっています。
つまり、今後仕事で順調にいくと昇進して、生活の質は多少は上がるだろうけど、たかが知れています。

例えば、高収入と引替に外資で心身を摩耗する働き方や、毎年1億の収入を目指して一か八かの起業や、仮想通貨などの投機はハイリスクですし、軸足は会社においておきたいというのが本音です。

一方で、サラリーマンで年収1,000万円もらえる今のポジションは非常に基盤がしっかりしていて魅力的です。
資産運用は不動産投資と投資信託をメインにやっているのですが、不動産購入時には大手企業で勤務していることが銀行ローンを借りる時に非常に有利に働きました。

私が日々葛藤しているこうしたジレンマについても、今後は執筆していきたいと思います。

お金所得

Posted by gongon