流行中のオーディオブックの市場規模や、どんなシーンで利用されているのか調査してみた

2020年4月27日

こんにちは、ごんごんです。
今回は最近流行のオーディオブックについて、市場規模やどういうシーンで利用されているのかなど、あれこれ調べてみました。

また、別記事にて耳から学ぶ「耳学」についても紹介しています。
こちらも参考になると思いますのでチェックしてみてください。

オーディオブックの市場規模、利用者数

まず、日本におけるオーディオブックの市場規模と利用者数を見てみましょう。
どちらも日に日に拡大しているのがわかります。

オーディオブック業界の市場規模:右肩上がりに拡大

日本能率協会総合研究所が2020年1月に発表したレポートによりますと、2019年度のオーディオブック業界の市場規模は30~40億円ほどのようです。

注目すべきは、今後右肩上がりに市場規模が拡大していき、2021年には140億円、2024年度には260億円まで成長する見込みです。

オーディオブックの利用拡大が進んでいる要因として、スマホの普及がまず挙げられます。
もちろん、オーディオブックはスマホ発売前からあり、ウォークマンやiPodなどで聞くことはできましたが、パソコンを介して音声をダウンロードする必要があるため手間がかかります。
しかし、2008年にiPhoneが発売され、通信機能を備えたスマホを利用すればどこでも好きな場所で、好きな時間にオーディオブックを聞くことが可能になりました。

今後も忙しい現代人の情報入手手段の1つとしてオーディオブック市場は拡大していくと思います。
市場が拡大することで、より多くの本が、より安くで聞くことが可能になると考えられ、楽しみで仕方ありません。

最大手aundiobook.jpの会員数:100万人突破

日本でオーディオブックのサービス提供をしている会社はいくつかありますが、有名なのはAmazonのAudibleと、audiobook.jpの2社でしょう。

オーディオブック界のパイオニアであるAudiobook.jpの会員数は2019年の9月に100万人を突破したそうです。

(出所)audiobook.jp調べ


2018年12月時点の会員数が60万人だったことを考えると、ものすごいペースで成長していることがわかります。
新規会員数も月6万人と、2017年の6倍、2018年の3倍のペースだとか。
破竹の勢いですね。

オーディオブックの利用調査

次は、オーディオブック利用者が実際にどのようなシーンで聞いているのかについてお伝えしたいと思います。
データはaudiobook.jpのオーディオブック白書2019を参照しています。

どんな時に聞いている?最多は移動中

オーディオブック利用者に聞いたところ、一番多い利用シーンは移動中でした。
特に電車や徒歩での移動中は無駄な時間とされがちですが、オーディオブックを利用すれば無駄な時間を有効なインプットの時間に変えることができます。
通勤や通学で移動時間が長い人は、逆転の発想で人より勉強できるチャンスです。

みんないつ聞いてる?最多は平日の7~8時

アンケートの結果では、オーディオブックは平日の7~8時に一番利用されていることが明らかになりました。
移動時間に利用されているというデータがありましたが、まさに朝の通勤などの時間を皆さん有効活用していることがわかります。

購入の決め手は?原作を読みたくても読めていなかった

オーディオブックを購入する決め手になるのは、「原作を読みたくても読めていなかった」という場合が80%を占めているそうです。
オーディオブックにはベストセラーの「サピエンス全史」などのボリュームがある本も多く、読みたいけど読めていないといったニーズを解決する手段になりそうですね。

読書週間は変わった?毎日読書する人が倍増

オーディオブックを聴くようになってから、読書量が増加している人がほとんどです。
特に、毎日読書をする人が25%から50%へと急増しています。
おそらく通勤などの毎日かならずある時間帯をオーディオブックにあてることで、読書週間が定着しているのだと思います。
オーディオブックなら活字が苦手な方でも大丈夫という点も心強いですね。

月に何冊聞いているの?

オーディオブックユーザーの40%は月に5冊以上の読書を行っています。
文化庁の平成 30 年度「国語に関する世論調査」によると、月に5冊以上の読書をする方は6.4%となっていることから、オーディオブックユーザーはかなり多くの本を読んでいることがわかります。
これも通勤などの時間を有効に使えているという証拠なのではないでしょうか。

オーディオブックの魅力:一番は時間効率化

オーディオブックの魅力は時間の効率化ができると答えた人が50%います。
読書量や知識量が増えること、読書が苦手でも本を楽しめるというのもまさしくオーディオブックの魅力ですね。

まとめ

この記事では、オーディオブックの市場や利用状況を見てきました。
ざっと下記にまとめます。

・オーディオブック市場は右肩上がり、2024年には260億円市場に成長
・オーディオブックの老舗、audiobook.jpは利用者100万人突破
・最多の利用シーンは移動中
・最多の移動時間は平日7~8時
・購入の決め手は「原作を読みたくても読めていなかった」
・オーディオブックをはじめて読書週間が定着
・ユーザーの40%以上が月に5冊以上の読書
・オーディオブックの最大の魅力は時間の効率化

オーディオブック各社では無料体験もやっていますので、ぜひ試してみてください。