iPadとApple Pencilが今後の勉強の必須ツールになると確信した

2020年6月1日

こんにちは、ごんごんです。
みなさんは勉強するときは紙派ですか?それともデジタルデバイスを使っていますか?

私は昨年まで全て紙とボールペンを使って勉強していましたが、今はiPadとApple Pencilを愛用しています。
今回は私が実践しているiPadとApple Pencilを使った勉強と、そこに至る経緯について詳しく解説します。
まだ、紙とボールペンでしか勉強したことがないという方、騙されたと思って読んでみてください。

私が紙とボールペンでの勉強をやめた理由

ブログにもちょくちょく書いていますが、私は毎年12月にあるアクチュアリー試験に向けて勉強を行っています。
勉強する場所は自宅だったり、平日の昼休みはオフィスだったり、夜は有料自習室を借りたりと、場所を問わず勉強をしています。

色んな所で勉強をすると、気分転換ができていいのですが、厄介なのが勉強道具の持ち運びです。
特に昨年は3科目受験をしましたが、指定教科書や過去問、ワークブックなどを持ち運ぶと膨大な量の勉強道具が必要になります。

アクチュアリー試験の勉強道具
損保数理と生保数理の勉強道具

上の写真は実際の損保数理と生保数理の勉強道具です。
過去問を2in1で印刷して持ち運ぶだけでもものすごい手間がかかるので、かばんはいつもパンパン。
わからない箇所をネットで調べられるほどメジャーな試験ではないので、使うかわからない教科書も持ち運ばざるを得ないという状況です。

こうした状況に疲れていたのですが、ある日iPadとApple Pencilを使って勉強している知人に出会いました。
試しに使ってみたところ、Apple Pencilの書き心地のよさにびっくり
紙に書いているのとあまり変わらないどころか、色を変えたり、書き込みを消したり自由自在でノートより便利です。

また、過去問やアク研のワークブックもPDF形式なのでiPadに格納できます
これで複数科目の大量の紙を持ち運びすることから解放されました。

ただし、教科書や参考書については電子書籍化をされていないため紙の本を持ち運びしています。
それでもバッグの重さは半分以下になり、勉強の効率が急激に上がります。
勉強においては、何か調べようとか、この問題や過去問を解こうと思った時に手元にないとモチベーション下がっちゃうんですよね。
iPadとApple Pencilのおかげでこうした問題点が大きく改善されました。

私の具体的な使い方を写真を交えて説明

私が実際に使っている様子を写真を交えて説明します。
下記が実際のiPadとApple Pencilです。

損保数理を勉強中のiPadとApple Pencilの写真
損保数理を勉強中のiPadとApple Pencilの写真

最近のiPadだと画面を左右に分割するSplit View機能が搭載されていますので、左に過去問やワークブックなどのPDFを表示し、右にメモアプリを起動すれば簡単に勉強ができます。
メモ帳の容量は無限にあるので、ノートを買う必要もなくなります。

損保数理を勉強中のiPadとApple Pencilのスクリーンショット

必要なもの

基本的にはiPadとApple Pencilがあれば大丈夫ですが、それぞれ種類がありますので少し説明します。

iPad:miniは小さいが無印iPadでも問題ない

iPadについては、無印のiPad、iPad mini、iPad Air、iPad Proがあります。
私はiPad(無印)を主に使っていますが、スペック的には十分です。

iPad miniは過去問やワークブックなどのPDFを表示するだけなら問題ないですが、画面を分割するには少し小さい印象です。
スペックが高めのiPad AirやProに関しては全く問題ないでしょう。

まとめると、miniで画面分割は厳しいかもしれませんが、その他のiPadなら1台完結で勉強できます
コスパ重視ならiPad(無印)でいいでしょう。

Apple Pencil:対応機種に注意

Apple PencilはiPadの純正アクセサリーですが、全てのiPadに対応しているわけではないということに注意してください。

現在、Apple Pencilは初代と第2世代(Apple Pencil 2)が発売されています。
初代Apple Pencilは最近のiPadの各種に対応していますが、Apple Pencil 2はiPad Proにしか対応していません

当然、Apple Pencil 2の方が機能も洗練されているのですが、基本的な機能は初代のApple Pencilでも十分使えます。
勉強したり、動画やネットサーフィンを楽しむ使い方であれば、わざわざiPad Proを購入する必要はあまりないかと思いますので、iPadやiPad Airと初代Apple Pencilを購入すれば十分だと思います。

まとめ

今回の記事のまとめは下記です。

・iPadとApple Pencilを使えば、重い勉強道具を持ち運ぶことなく勉強が可能
・特にこだわりがなければ、iPad(無印)とApple Pencil(初代)がコスパ最強

iPad自体も決して安くはないですが、勉強という自己投資のためと思うと絶対に持っておいて損はありません。
この記事で少しでも勉強の効率が上がれば幸いです。